青年会議所とは

青年会議所(JC)は“明るい豊かな社会”の実現を理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの青年の団体です。
全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所(JCI)ですが、約120の国及び地域にNOM(国家青年会議所)があり、約18万人の会員が国際的な連携をもって活動しています。
青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別はなく、自由な個人の意志により、各都市の青年会議所に入会できます。50余年の歴史をもつ日本青年会議所運動 は、めざましい発展を続けておりますが、現在700を超える地域に約4万名の会員を擁し、全国的運動の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。
現在、全国に青年会議所があり、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、地域におけるボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んで います。さらには、国際青年会議所のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

JC三信条

「この三信条は、JC運動とは、若いひとが集まって自己啓発、修練を行う場であり、培われた力を用いて地域社会にサービス(奉仕)する事である。そして、そのトレーニングサービスを支える力として会員全員、同志を貫くフレンドシップ(友情)がある。というものです。
私たち前橋青年会議所メンバーは、「奉仕」(Service)、「修練」(Training)、「友情」(Friendship)のJC三信条に則り、次代を担う若者として自己研鑽と切磋琢磨を繰りかえしながら、前橋のまちに貢献する活動を行うとともに、互いの友情と交流を深める様々な活動を行っています。

青年会議所への参加について

青年会議所とその運動は決して完成されたものではなく、社会の進歩とともに、さらに発展していくと思われます。 青年会議所は時代とともに新しい呼吸を続け、次々と新しい青年がこの団体を背負っていくでしょう。 青年会議所は常に英知と勇気と情熱を持った青年を求めて、その門戸を大きく開いています。 青年会議所は、これからも、未来に向かって青年らしく力強く歩んでまいります。